旧車ならではの構造 燃料供給装置

旧車といっても人によってはいろいろな年代設定をするので一概には言えませんが、昔の車はあって現在の車にはないものというのがキャブレターです。
少し前まではオートバイや原付などには使われていたのですが、それも次第になくなり、現在キャブレターを持つ車は旧車以外全くないといっていいでしょう。
キャブレターはいわゆる燃料供給装置で現在のインジェクションにあたる部分です。

インテークマニホールドに1つ、あるいは複数個付けられるもので、シリンダーが発生させた負圧によって作られた空気の流れを使って、ジェットとよばれる小さな穴から燃料を吸い上げる形で吸気内に燃料を供給する仕組みとなっています。
要するに燃料を受動的に供給するということで、吸気の流れが早ければ燃料供給量が増え、遅ければ燃料供給量が減るということになります。
絶対的な燃料の量はメインジェットと呼ばれる小さな穴の開いたもので決まり、アイドリング調整はアイドルポートと呼ばれるまた別の穴によって行われ、アイドリング回転数もそのアイドルポートにあるアイドルジェットの調整で行うようになっています。

このキャブレターで燃料供給に関してはほぼ問題ないのですが、気体の流れを使った供給方法なだけに供給量が不安定になったり、燃料供給量は同じでも吸気内の酸素量の違いによって最適となる混合気を作ることができないということから必ずしも万能ではなく、神経質なエンジンですと気温や湿度、気圧などによってメインジェットを交換する必要があります。
特にハイパワーエンジンですとこういった傾向が強く、家を出る前にジェットを交換しなければならないといったこともあるようです。
それとキャブレターは燃費が悪くなります。

この原因は燃料カットができないからです。
インジェクションであれば燃料噴射信号をとめるだけで燃料供給は止まりますがキャブレターの場合はあくまでも吸気に流れによって引っ張り出されるため、燃料供給を止めることができないのです。
例えば、インジェクションのエンジンであれば、減速時にアクセルペダルを踏まない状態でいれば一滴も燃料を使うことがありませんが、キャブレターの場合はアクセルペダルを踏もうが踏まないが、キャブレターに空気の流れがあれば、いつでも燃料が出っ放しになっているのです。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、キャブレターを持つ車はアクセルペダルをオフにしたのち、アクセルペダルを踏むとパンパンと音がすることがよくありました。
これはアクセルオフの状態の時に吸い込んだ燃料がシリンダー内に入り、エキゾーストマニホールド内の侵入、そのエキゾーストマニホールドの熱で混合気が燃焼したり、スパークプラグの火花で思わぬところで燃焼してしまい音を発生させるという状態です。

そして排気ガスの有毒物質も増えます。
これも先程と同じようにアクセルオフの状態で吸い込んだ燃料混じりの混合気が燃焼しないまま、マフラーから排出されるためで、いわゆる生ガスが排気ガス内の混じることによって有毒物質がまき散らされてしまうものです。
現在のインジェクションは、吸気の量に頼らず、ECUからの電気信号1つで燃料供給量や燃料の噴射タイミング、燃料噴射のオンオフを自由に操れるため、キャブレターの様なデメリットは克服されていますが、すべてECUによって管理されているため、燃調などを調整することが現実的に難しく、その人なりのエンジン特性というものが出にくくなるのがインジェクションの悪いところというか妻らにないところです。

逆にいえば、その人なりのエンジン特性やジェットを交換しただけで簡単にエンジンの性能が変わるというところがキャブレターの魅力であって、それも旧車を選ぶ1つのメリットなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です