旧車ならではの構造 駆動方式

駆動方式といえば、フロントエンジン・リヤ駆動のFR、フロントエンジン・フロント駆動のFF、ミッドマウント・リヤ駆動のミッドシップ、そして四輪駆動など今でこそいろいろな駆動方式を選ぶことができるようになりましたが、旧車と呼ばれる車の時代ではほとんどがFRでした。

ボンネットの下にエンジンを縦置きにし、そのすぐ後ろの縦長のトランスミッション、フロア下に通るプロペラシャフトを介して、リヤアクスルにあるデファレンシャルギヤに動力を伝え、そのデファレンシャルギヤで方向を変換し、左右に伸びたドライブシャフトによってタイヤを回すというのが自動車の典型的な駆動方式でした。
当時からあったパートタイム4WDシステムもこのFRの派生的な構造で、基本はどれもFRでした。

しかし、1955年にスズキのスズライトがFFモデルとしてデビューして以来、国産車の中にFFレイアウトを持つモデルがどんどん増えてきました。
FFレイアウトはFRレイアウトに比べてすべてフロントだけで片づけることができる分、部品点数が少なく、コストをあまりかけずに作ることができました。
FRレイアウトでは邪魔となっていたフロア下のプロペラシャフトが無くなることによってフロアのセンタートンネルを作る必要がなく、フラットなフロア面を作ることができるので居住性も向上しました。
しかし、国産車のFF化はあまり進みませんでした、その理由は前輪を回すためのドライブシャフトの開発に時間を要したためでした。

FRの場合はリヤタイヤは常にまっすぐで、動くとすればリヤサスペンションの動きに合わせて少し上下するだけで済みますが、FFでは操舵輪を駆動輪とすることから、ステアリングホイールの動きに合わせてタイヤも大きく曲げなければならなのです。
タイヤが大きく曲がる上に回転させなければならないFFレイアウト、それには耐久性が高いユニバーサルジョイントが必要でした。
今となっては当たり前となっていますが当時はそのジョイントを作る技術がまだなく、それがFFの普及の足止めとなっていたのです。

FFレイアウトが広く知られるようになったのはホンダが本格的に自動車製造に取り組み初めたころに作ったシビックあたりだと思います。
この当時はFRが全盛でFFレイアウトは変わり種の車として見られていました。
それが今となっては軽自動車から大型セダンまで採用するようになったのですから大きな進歩です。

ただ、旧車となればやはりFRでしょう。
トヨタ2000GT、スカイライン2000GT-R、フェアレディZ、サバンナRX-3、AE86、クラウン、セドリックとここ最近人気の高い旧車はほぼすべてといっていいほどFRレイアウトとなっています。
最近の車はほとんどがFFでむしろFRの車を探す方が大変ですが当時の車はみなFRレイアウトを採用していたのです。
FRレイアウトの良いところはアンダーステアが出にくいこと、それもそのはず車の向きを変える操舵輪と駆動輪が別々ですので、それぞれのタイヤの性能をフルに発揮できるのです。
FFのようにアクセルオンでアンダーステアが出てしまうといったことはほとんどありません。

それからコーナーリング途中の姿勢制御をアクセルペダルで行うことができること、FRではアクセルペダルを踏んでリヤタイヤを若干リバースさせることによってオーバーステア状態を作ることができます。
そのためアクセルペダルの踏み方次第で車を思った方向に向けることができます。
こういったFRならではの特徴を楽しむのも旧車を運転する一つの楽しみであって、この喜びはFFばかりの現在の車にはなかなか味わえないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です