旧車ならではの構造 ヘッドライト

現在主流となっているヘッドライトはHIDやLEDですが、旧車の時代はそんなものはなく、単なる電球にカットを施したレンズを付けたもので決して明るいとは言えないものが採用されていました。
構造はレンズと反射板が一体型になったケースに中央に穴が開いており、そこの電球を差し込む形となっていました。

電球は一般的な電球でヘッドライトを点けた時の突入電流でよく切れることがあり、常に予備の電球を持っていなければ安心して走ることができないぐらいでした。
形状は丸形が多く、規格さえあっていれば他社の自動車についているものでも取り付けることができました。

暗い、球切れが多いということを克服するために作られたのがシールドビームです。

これはそれまでのヘッドライトケースと電球が別部品として作られているというものではなく、レンズとケースが一つの電球となっており、その中にはフィラメントがむき出しの状態になっているものです。
要するに電球を大きくしたものと考えるといいでしょう。

これはそれまでの電球型ヘッドライトより若干明るく、レンズカットにも融通が利くため、丸型の他に角形も作ることができ、車のフロント周りのデザインを大きく変える要因となりました。
しかし、シールドビームといっても結局は普通の電球ですので球切れが多かったのですが、電球式のように切れたら電球だけ交換することができず、ヘッドライトごと交換しなければならないので、球切れ1つでかなり高い修理費用が掛かったものでした。

そして旧車でも比較的装着率の高いのがハロゲンランプ、ハロゲンランプは構造的には電球を使ったヘッドライトと同じなのですが、中央に装着される電球内にハロゲンガスが封入されて、その高価で球切れも少なく、明るく光を得ることができるようになりました。

ハロゲンランプが明るく高寿命な理由は、ハロゲンサイクルという化学変化が起こっているからです。

そもそも電球がどうして球切れするかというと、フィラメントに電気を流すとフィラメントの一部が蒸発し、どんどんフィラメントしたいが細くなってしまうからです。

そのため電球を作った時には寿命を延ばそうとしてフィラメントを太くし、フィラメントの一部が蒸発してしばらくは持ちこたえることができるようにするのです。
実はこれが光量を落とす原因で電球というのはフィラメントが細ければ細いほど明るい光を出す性質があるのです。

よく家の電球が切れる寸前になるととんでもなく明るい光を出すのはフィラメントが細くなってしまってギリギリ切れていない状態となっているからです。

ということは、電球というものはいつしか必ず切れるということになりますが、ハロゲンガスが封入されているハロゲンランプでは、簡単にいえばハロゲンガスとフィラメントのタングステンなどとの化学反応によって、一度フィラメントから蒸発して剥がれたタングステンを再度フィラメントに戻すことができるのです。

ただ、完全に戻すことはできず次第に細くなってはいくのですが、普通の電球よりは長持ちし、フィラメント自体が細くなりづらいので、寿命も長くなるというわけです。

そして更にフィラメントが細くなりづらいので最初からフィラメントを細く設計することができるので、同じワット数でも明るくきれいな白っぽい光を出すことができるということになります。

旧車と呼ばれるものでは新しいものでもこのハロゲンヘッドランプが最新式のヘッドライトとなりますが、もっと古いモデルで電球式のものやシールドビーム式のヘッドライトが標準装備されているものでも前のオーナーによって、ハロゲンヘッドライトや中にはHIDなどに付け替えられているものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です